書道の力

書道

キレイな文字が書けるようになるために、書道を習っている人も多いのではないでしょうか。子供や年配の方が習うものと思われがちな書道ですが、今、若い世代にも、その良さが見直され始めています。昔から親しまれている書道は、自分の内面と向き合うことで自己表現ができる……という点が、多くの人を魅了してやみません。

習字と書道の違い

「習字=書道」と思っている人も多いでしょう。ですが、正確には少し違っていて、学校教育の分野で「書写」と言われる習字は、書道の一部としてあるのです。そのため、習字は「文字を習うもの」、文字文化を芸術として極めるのが「書道」となります。習字が“基礎”で、書道が“応用”と言えます。前者はルールを大切に、お手本通りに間違いなくキレイに書くことを目標とする一方、後者は雰囲気を大切に、お手本の真似をやめて、作品に自分の個性を出すことを目標としています。

サイトのご案内

ここで、サイト内容を簡単に紹介していくことにしましょう。最初からでも、興味のあるページからでも好きなように読んでください。

書道の基礎知識

私たちが今、当たり前に使っている文字は、いつ誕生したのか?どのように書体が変化していったかなど、文字の歴史や書体のことはもちろん、芸術面からの文字文化についても紹介しています。基礎知識として、まとめてみました。

書道に必要なもの

書道を始めるにあたって、必要な道具を紹介しています。筆、墨をはじめ、いくつかの道具を用意しなければなりません。納得のいく作品を書くためにも、できることなら良質なものを揃えて、正しい使い方をしたいものですね。

書道を始めよう

道具が揃ったら、さっそく始めましょう。筆の持ち方や運筆方法といった書き方の基本を知り、あとは教室に通うのも良し!通信講座で学ぶのも良し!どちらでも構いません。自分に合ったやり方を見つけてください。

書道を楽しむ

“応用”となる書道だからこそ、様々な楽しみ方ができます。作品を自宅に飾って自分で楽しんだり、ホームページに載せたり、個展を開くなどして他の人に見てもらったり、コンテストで腕試しをしたり……。みなさんは、どんなふうに“書”を楽しみたいですか?

ページの先頭へ
Copyright(c) 2011 書道の力  All Rights Reserved.

[ 関連サイト ]