書道の力

書体について

図書館などで昔の文献を見たら、何が書かれてあるのか全然読めなかった……そんな経験はありませんか?漢字には書体があり、漢字の発展とともに、その書体も変化していきました。書道においては、どんな書体で書くかによって、作品の雰囲気がガラリと変わります。ここでは、書体について説明しましょう。

篆書(てんしょ)

篆書(てんしょ)

書体として最初にできたものが「篆書(てんしょ)」になります。【文字の誕生】のページで触れている甲骨文や金文を含め、秦の時代に誕生した「小篆(しょうてん)」という書体までを全部まとめたものが「篆書」と言われています。篆書の大きな特徴としては、字が縦長という点が挙げられるでしょう。字形のバランスは左右対称ですが、縦の長い線が目立ち、パッと見は文字というより記号か何かに見えるような、ちょっと独特な書体です。今でも、ハンコなどによく使われる書体で、“古代文字”と言われる書体の中では、一番長い歴史を持っています。

隷書(れいしょ)

隷書(れいしょ)

漢代になって、「隷書(れいしょ)」という書体が使われるようになりました。正確には漢代以前の時代にはもうあったのですが、漢代に入り、装飾的な要素が付け加えられました。これを「漢隷(かんれい)」あるいは「八分(はっぷん)」と言います。この隷書は、小篆を簡略化して書きやすくしたものです。篆書と比べると分かりやすいのですが、隷書の字形は平らになっています。横の線が比較的目立ち、篆書ほど字画のバランスが整っていないため、多少のゆがみは生じます。現在の日本では、紙幣に隷書が用いられています。

草書(そうしょ)

草書(そうしょ)

隷書をすばやく書き、より簡略化させた書体が「草書」です。この草書は、隷書と併行し、日常的な筆記体として使われていました。字画をかなり省略しているので、字形も独特です。草書が登場したばかりの頃は、篆書が変化して誕生したものということがハッキリと分かるようなものもありました。そんな中、晋代から南北朝時代にかけて、様々な工夫が重ねられ、芸術的な書体へと変わっていったため、草書を勉強したことがある人でなければ、読めない人も多いと思われます。また、書道においては、書き手によって何通りもの書き方があります。

行書(ぎょうしょ)

行書(ぎょうしょ)

隷書の続け字のようなスタイルで、「行書」が誕生しました。行書は楷書を崩したような書体ですが、楷書よりも早い時期に登場しています。筆で書いたような字と言えば、分かりやすいでしょうか。古代中国では、公務文書や祭礼用文書に用いられていました。今、私たちは行書を日常的な筆記体として使っています。書道をする上では、形を自由に変えることができるため、書きやすい書体と言えるでしょう。

楷書(かいしょ)

最後の書体として作り出されたのが、「楷書」になります。3世紀中期に正式書体となった楷書は、今もなお使い続けられています。この書体には2つの種類があり、『手書き書体(楷書)』と『印刷書体(楷書体)』に分けられます。

手書き書体(楷書)

楷書は字画を続けずに、離して書きます。今では、この書体が漢字の基本的な形とされています。書体そのものがキレイなものになっていったのは、初唐の時代のことです。数多くの能筆家が生まれ、人々に楷書が広まっていきました。

印刷書体(楷書体)

印刷書体となる楷書体は、清朝時代の木版印刷に用いられていた「軟体楷書体」や「清朝体」と言われる書体を基に作られています。漢字や仮名の表示・印刷では標準的な書体となっている明朝体の影響を受け、そこから派生し、宋朝体やゴシック体など様々な書体が作り出されていきました。

ページの先頭へ
Copyright(c) 2011 書道の力  All Rights Reserved.